白髪染め用のヘナの選び方

ヘナを試してみようと思ったけれど、白髪を染めるのにどのヘナを選べば良いのか分からない…なんて方おられませんか?

ヘナは、一般的な白髪染めやヘアカラーに比べると、メジャーなものだとは言えませんが、 それでもたくさんのメーカーがたくさんの種類のヘナを販売しています。

ヘナを使い慣れた方にしてみると、どういうときにどのヘナを選べば良いのか、ぱっとみてすぐに判断がつくのですが、 初心者だと何が何だかわからないかもしれません。

今回は、白髪染め用のヘナの選び方についてお話しします。

説明は不要だという方、どのメーカーのヘナが良いのか結論を先に知りたい方は、 どのメーカーのヘナがおすすめ?をご覧ください。


日本人の手を通して仕入れ・販売されている製品を選ぶ

インターネットでヘナを購入する場合も、ドラッグストアなどでヘナを購入する場合であっても、 日本人の手を通して仕入れ・販売されている製品を選んでください。

単に日本人が輸入して販売しているヘナではなく、日本人が原材料からチェックし、販売しているものが好ましいです。

というのも、ヘナのなかにはジアミンが含まれた製品も存在します。
本場のインドなどでは、そういった製品の方が多く出回っているというくらいですから、 ちゃんとチェックされたものでないと、そういったものを誤って買ってしまう可能性があります。


ヘナを利用しようと考える方は、白髪染めやヘアカラーを使いたくないという方が大半だと思います。 それなのに、白髪染めなどにも含まれるジアミンが入ったヘナなんて、使う意味がありませんよね。

日本人がちゃんとチェックを行った製品ならば、低品質なヘナに当たることはほとんどありません。 もちろん可能性は0ではありませんが、ものすごく低いです。

ヘナを選ぶ際は、どういったメーカーがどのように仕入れて販売しているのか、という点をよく見るようにしましょう。



私自身は、まずヘナを販売しているサイトの隅から隅までよくみます。

メーカーにもよりますが、現地(インドなど)工場の様子や製造工程など、 どのような製品をどのように仕入れているのか、という点について詳しく解説しているところは結構あるんですね。

面倒かもしれませんが、私自身はそういった部分も購入の判断材料のひとつにしています。 たとえ品質が高そうではあっても、製品の背景がよくわからないヘナは怖くて買えません。


もちろん、近所で買えるようなヘナがダメかというと、そんな事はありません。

ただ、パッケージを見ただけではどのように販売されているものなのかがわかりにくいため、 そういったものを買う場合、いちどネットなどで調査をしてから買うようにした方がよいでしょう。

鮮度の高いヘナを選ぶ

これも周囲に口を酸っぱくしていっていることなのですが、ヘナはできるだけ鮮度の高いものを選びましょう。

ヘナの匂いが苦手だという方は少なくないと思いますが、鮮度が高いものだと匂いはそれほど気になりません。 もちろん無臭でありませんが、古いヘナと新しいヘナの匂いには天と地ほどの差があります。

特に、ヘナの独特の匂いが苦手な方は、ヘナの鮮度にこだわるようにしましょう。


私はいつも、酸素にできるだけ触れないような状態でパックされたものを購入しています。

まだヘナを使いはじめて間もないころ、単純に安いからという理由で古いヘナを購入したことがありますが、 新しいヘナとの匂いの違いに驚いたものです。

ヘナの匂いが気にならないというのならばともかく、匂いが気になる方は、是非鮮度にこだわって製品を購入してみてください。

原材料がはっきりと分かるものを選ぶ

当たり前ですが、ヘナを購入する場合は、使われている原材料が全て分かるものを購入してください。

私自身は、何かを購入する際に原材料を確認しないなんて信じられないのですが、 製品の原材料を気にしないという方は結構います。

もちろん原材料を見たからといって、よくわからない名称が並んでいて理解できないということもあるでしょう。

しかし、今はネットで何でも調べられます。
検索をかければ、天然の成分なのか、化学的な成分なのかくらいは見分けがつくはずです。


ヘナを使うのなら、天然成分100%の製品を使いたいという方が殆どだと思われます。
購入の際は面倒でも、原材料をしっかりと確認するようにしましょう。

早く染まる、を謳うヘナには注意

ヘナは、白髪がしっかり色づくまでに時間がかかります。
それが面倒で続かないという方も多いです。

しかしヘナのなかには、早く白髪が染まることを謳った製品も存在します。

早く染まる…というのがどの程度なのかにもよりますが、 10分や20分足らずで染まる製品の場合は、化学成分が含まれていることを疑った方が良いかもしれません。


鮮度の高いヘナは含まれる染料の量が多いため、鮮度の低いものを使用したときよりも早く染まりやすいのですが、 それでも良い条件下で使用したとして、30分か40分はかかります。

しっかり染めようとおもうのなら、50分~1時間は置きたいところ。 10分や20分で白髪がしっかりと染まるなんてことは、まずありません。

その製品の染まり時間があまりにも早く、しかも色持ちの良さを謳っていたとしたら注意が必要です。

どのメーカーのヘナがおすすめ?

私はこれまでに、様々なヘナを使用しましたが、今は主に2メーカーの製品を中心に利用しています。

メーカーを使い分けているのは、販売されている製品のラインアップが異なること、またそれぞれの製品に独自の特長があるからです。

あくまでも私の視点によるセレクトではありますが、実際に利用しているおすすめのメーカーをご紹介いたします。

初心者に特におすすめ シムシムジャパンのヘナ

初心者の方にはシムシムジャパンのヘナがおすすめです。

このメーカーのヘナとインディゴのブレンド製品には、グアーガムと呼ばれる、ヘナのペーストに粘性をつける成分が配合されており、 お湯に溶いたヘナベーストがまとまりやすくなっています。

ヘナ塗布時に多い、ヘナの飛び散りやボロボロと落ちてしまうようなことが起こりにくく、初心者であっても髪に塗布しやすいです。

質の良いヘナを使っているため、比較的染まりが早い点も魅力。
使いやすいヘナなら、このメーカーの製品がいちおしだといえるでしょう。

幾つかの製品が販売されていますが、はじめての方にはマダムヘナと呼ばれるセットがおすすめです。




種類の豊富さが魅力 鮮度も抜群のアートビーングのヘナ

もう一つは、アートビーング(マハラニ)というメーカーのヘナ。 ヘナに興味をお持ちの方なら、たぶんサイトに目を通したことくらいはあるのではないかと思います。

販売者自身がヘナにこだわりを持っており、特にヘナの鮮度の高さはピカイチではないでしょうか。 ヘナ特有の匂いが少なく、普段使いしやすいです。

ハーブはどれも真空パックされた状態で届くため、お湯に溶いた際にややダマが出来やすいところが欠点ではありますが、 製品の種類は多く価格も良心的であり、おすすめのメーカーです。



上記のメーカーの製品の使い分けについてですが、私は自分自身がヘナを利用する場合には、 ハーブの量の調整やブレンドがしやすい、アートビーングさんのヘナを利用しています。

一方で時間がない場合や、家族の頭の白髪に利用する場合は、 ペースト作りも塗布もしやすい、シムシムジャパンさんのヘナを利用します。

シムシムジャパンさんのヘナは粘性があるため、慌ててつけても飛び散りにくく、使い勝手が良いのです。


なお、白髪を黒くする場合は、ヘナだけではなくインディゴも一緒に利用してください。 両メーカーとも、あらかじめヘナとインディゴを最適な量にブレンドした製品を販売していますので、そちらを利用するのがおすすめです

参考にして頂けますと幸いです。