ジアミン入りのヘナに注意!知らずに使ってしまったら・・

ヘナに詳しい方はご存知かと思いますが、ヘナとして売られている製品のなかにはジアミン入りのヘナが存在します。 ジアミンとは、一般的な白髪染めやヘアカラーなどに含まれている刺激のきつい化学成分です。

なぜわざわざヘナに入れるの?と思われる方もおられるかもしれませんが、ヘナは白髪を色付かせるのに時間がかかります。それで、利用を断念してしまう方もいるくらいです。

そんなヘナのデメリットを補うために、ヘナにジアミンが加えられている場合があります。

ジアミンが含まれるヘナが存在するらしい

ヘナを購入する際、私は内容にとても気をつけているため、いまだかつてジアミン入りのヘナというものを手にしたことはありません。

しかし、ヘナの本場であるインド市場などではジアミン入りヘナが多く出回っているそうですし、 実際、日本メーカーが知らずに販売していたというニュースも過去にありました。

ヘナを利用しようと考えている方、もしくはすでに使用されている方には、 髪や頭皮の健康を気にしていたり、もしくはヘアカラーや白髪染めにアレルギーがあって使用できない…なんて方が多いと思います。

それなのに、白髪染めやヘアカラーに含まれる成分がヘナに含まれているなんて、使う意味がありません。

ジアミン入りのヘナだと知らずに使用する弊害

ヘナの利用者が、ジアミンが含まれているヘナだとわかった上で利用するのならまだ良いでしょう。

ずっと白髪染めを続けているのなら、ジアミン入りであったとしても特に抵抗はないでしょうし、 ヘナが含まれている分、白髪染めよりは髪に良いとさえ考える方もいるかもしれません。


しかし、植物成分100パーセントのヘナを利用しているつもりで、ジアミン入りのヘナを利用するのは、 使い方によっては結構深刻です。

なぜならヘナは、普通だと1時間以上髪や頭皮に塗布したまま放置します。
長い方だと、2~3時間おく方もおられますよね。

それがヘナならよいのですが、ジアミンが配合されていた場合、普通の白髪染めを頭に置いて長時間放置しているのと同じことになります。

一般的な白髪染めは、長くても1時間以上おくことはありません。
白髪染めのメーカーも、それほど長く塗布した状態で置くことは想定していないはずです。

長くおけばおくほど、髪や頭皮にダメージを与えますし、経皮毒なども気になります。 ジアミンにアレルギーがある方だと、深刻な事態を引き起こす可能性もあります。

ですが、利用者はジアミン入りヘナだとは知りませんから、場合によってはそのヘナを1時間も2時間も頭に置いてしまうかもしれません。

白髪を染めるという目的は達成できるでしょうけれど、長い時間きつい成分を髪や頭皮に触れさせた場合のダメージは計り知れませんよね。


実際に使用したことがないため、どのような状態になるかは未知数ですが、 何度も白髪染めを繰り返した時のように髪が傷んでしまうのではないかと想像できます。

一度使った時点でおかしいと気づけばまだ良いですが、なかには全く気づくことなく、何度もジアミン入りのヘナを利用してしまったとしたら、悲惨です。


このように、ジアミン入りのヘナだと知らずに使用することは、普通の白髪染めをするよりも怖いことなんですね。

美容室でヘナをやってもらう場合はよく確認を!

最近では健康志向のためか、美容室でもヘナのメニューを提供しているのをよく見かけるようになりました。 それをみて、美容室でもヘナをやってもらえるんだ…と、試す方もおられるかもしれません。

しかし、美容室でヘナをやってもらう場合は注意が必要です。
もしかすると、ジアミン入りのヘナを使っているかもしれません。

どのようなヘナを利用しているのか、美容室側が分かっているのなら良いですが、 まれにジアミン入りのヘナを、そうだとは知らず提供しているお店(美容師が知らない)もあるようです。


もちろん、ちゃんとしたヘナを施術してもらえるお店もありますが、 美容室でヘナを施術してもらう際は、必ず美容師さんにヘナの原材料を尋ねるようにしましょう。

原材料について明確な返答が得られなかったり、 もしくはその美容師が「他のお店とは違って早く染まる」とか「色持ちが良い」などと謳っている場合は、 施術は避けた方が無難です。

ヘナは工夫により(あらかじめ染料を出しておくなど)、ある程度塗布時間を短くすることはできますが、 塗布時間を短くするとはいっても時間はそれなりにかかりますし、白髪染めのような色持ちは期待できません。

ちゃんとしたヘナを提供するお店を知っているのならばともかく、そうでないなら、市販のヘナを買って自分で使った方がよほど安全です。

市販のヘナを購入する場合にも注意する

市販のヘナを自分で選んで買う場合にも、注意が必要です。

故意ではないとはいえ、市販のヘナにジアミンが含まれていた例はありますから、購入する際は必ず原材料を確認しなくてはなりません。

海外のお土産などでもらったヘナや、原材料が明確ではないヘナはできれば利用を避けたいところです。


できればヘナを購入する場合は、原材料が明確で、かつ日本人がしっかりと管理をおこなっている製品を購入するのが好ましいです。

ヘナ自体は海外から輸入してくるものであり、国産の材料を使用したヘナは存在しません。 しかし、メーカーのなかには現地まで行って製造工程を確認しているところもあります。

利用するのならそのような徹底した管理を行っている、信頼できるメーカーの製品を選ぶのがベストです。

おすすめのメーカー、ヘナ製品は?

信頼できるメーカー…といっても、ヘナの利用に慣れていないと、一体どのメーカーのヘナを使用すればよいのかわからないと思います。

私自身に関しては、現在は シムシムジャパン と、 アートビーング(マハラニ) という2社の製品を中心に利用しています。

白髪染め用のヘナの選び方にも書いていますが、 この2社のヘナは非常に品質が高く、かつメーカーの方がしっかりと原材料を管理されているため、安心して利用できるんです。


ヘナ以外のハーブ製品も充実しており、そちらの製品も愛用させていただいているくらい、信頼しているメーカーです。

上記メーカーのヘナは扱いやすさも優れているため、ヘナ初心者の方にもおすすめです。