ヘナを利用して茶髪にしたい

茶髪…とまでは言わなくとも、やや明るめの髪にしたいという方は多いと思います。 実際、白髪がちらほら目立ち始めても黒くするのではなく、明るめの髪色に仕上げている方をよく見かけます。

明るくする理由としては、明るい髪色の方が垢抜けて見えますし、服の色なども合わせやすいです。 私自身、昔は茶髪とまではいきませんが、ダークブラウンくらいのカラーにしていました。

もちろん、ヘナで白髪を染めようと思う方の中にも、茶髪にしたいとお考えの方はおられるでしょう。 しかし、ヘナで髪を茶色くすることはできるのでしょうか?

基本的にヘナで黒髪を染めることはできない

結論からお話しすると、基本的にヘナで黒髪を茶色に染めることはできません。
白髪はもともと色が入っていませんから、ヘナを利用すると色づきますが、黒髪はそのまま。

髪色がもともと薄い方なら、黒髪であってもヘナで多少明るくすることはできるかもしれませんが、本当に多少といった程度の明るさです。

白髪を隠したい場合、黒髪に白髪の色を揃えなくてはなりませんから、 ヘナで白髪を目立たなくするのなら、ヘナにインディゴなどをブレンドして黒く仕上げるしか手はないといえるでしょう。

白髪交じりの黒髪を、茶髪に仕上げるのは不可能です。

髪色が薄い人は、黒髪であってもやや赤みを足す事ができる

ヘナで黒髪を明るい色に染めることはできませんが、 元々髪色が薄い場合は、ヘナで髪の色を変えることはできなくもありません。

日本人であっても、生まれつき髪が茶色い人はいます。
茶色いというか細くて色が薄い人もいますよね。そういった方がヘナを利用した場合、若干明るめの髪色にできます。

実際、私自身もやや茶色い髪であるため、ヘナだけを利用した場合、うっすらヘアマニキュアを使用したような茶色い光沢感のある黒髪に仕上がります。

屋内で見ると黒っぽいのですが、屋外だと多少茶色く見えるといった感じの、茶髪とはいえない色味です。

脱色すればヘナでも髪を明るくできる

ヘナだけを使用して黒髪を茶髪にすることは不可能ですが、薬剤などを使えばできない事はありません。

黒髪が茶色くならないのは、ヘナの色が付いていないからではなく、髪内部の黒色が邪魔をしてヘナの色が見えないからです。

ですので、もしヘナを利用して茶髪にしたいのなら、まずは黒髪を黒く見せている髪内部のメラニン色素を抜く必要があります。


いわゆる脱色(ブリーチ)です。

ただ、脱色は髪にはもちろん頭皮にも大きなダメージを与えます。
髪や頭皮の健康のためにヘナを利用するのに、脱色なんてやっていては意味がありませんよね。

それならヘナを利用せず、ヘアカラーや白髪染めを使ったほうが早い気がします。

総白髪の方なら茶髪にできます

もしあなたが総白髪だというのなら、ヘナで髪を茶髪にできます。

ヘナだけだとちょっと派手目の茶色になってしまいますので、インディゴ等を併用して色の調整は行った方が良いですが、 中途半端な髪色に悩まされることなく、思い通りの髪色にできます。

ただし、総白髪というのは相当年をとらないと難しいでしょう。

個人差はありますが、70になっても黒髪が沢山残っているという方はいますから、一生それができない可能性もあります。 年を経て白髪の割合が増えてくると、いっそ全部白髪になってくれた方が良いのに・・という声を聞いたりもしますが、 何となくその気持ちが分かる気がしますよね。

できるかできないかはわかりませんが、もし総白髪になった時には、思う存分ヘナで茶髪を楽しみましょう。

白髪を黒くする場合、真っ黒にし過ぎないように注意

茶髪…とは話が少し変わるのですが、髪色関連のお話ということで触れておきたいと思います。


ヘナで白髪を黒くする場合、ヘナにインディゴを混ぜるというのは何度もご説明いたしました。

ヘナには赤っぽいオレンジ色、インディゴには藍色の染料が含まれており、2種を混ぜることで黒色を再現することができます。 ヘナの割合が大きければ大きいほど茶色くなり、インディゴの割合が大きいほど仕上がりの髪色は黒くなるというわけです。

基本的に、ヘナで黒髪を茶色に染めることはできませんから、 白髪を目立たなくするには、白髪が元の髪色に近い色になるようにヘナとインディゴの割合を調整する必要があります。

そこで注意しなくてはならないのは、インディゴの割合。


日本人は黒髪、だから黒で染めればいい。
そうお考えの方も多いのですが、完全に黒髪という方は少ないです。

ヘナのメーカーでは、ヘナとインディゴを様々な割合でブレンドした製品を売っていることが多いですが、 大抵、そのカラーバリエーションは「ライトブラウン」「ブラウン」「ダークブラウン」「ブラック」などといった感じで、ブラウン系のカラーは必ず用意しているのですよね。

あえて真っ黒にしたいというのならばともかく、 ブラックで染めると、本当に真っ黒になります。

もともと髪が真っ黒な方ならばともかく、先にも述べた通り完全に地毛が真っ黒という方は少なく、 ブラックカラーで染めてしまうと、逆に不自然に見えてしまう可能性があります。

いかにも染めてますよ、といった感じに見えるのです。


ですので色を選ぶ際は、黒髪であってもダークブラウンぐらいが適当だといえます。

自分の髪色にあった製品を選ぶ自信がないという方は、明るめのブラウンに加えて、 別途インディゴを単品で購入しておくとよいでしょう。

ダークブラウンの製品に、インディゴを加えることで色を暗く調整できます。

こちらの記事もチェック: 白髪染め用のヘナの選び方